Alkosa コンドロチンプラス錠 120錠入

医薬品

関節、ふしぶしが痛いなと感じたらコンドロチンプラス錠がおすすめ。コンドロイチンは関節に水分を運び、柔軟性を保つための大切な成分です。コンドロイチンの不足が関節の痛みの原因になっているのかもしれません。コンドロチンプラス錠でしっかりコンドロイチンの補給。おススメです。 【商品説明】コンドロチンプラス錠は、コンドロイチン・ビタミンB群・ビタミンEをバランス良く配合し た、飲みやすい錠剤です。繰り返すふしぶしの痛みや、筋肉の疲労感、手足のしびれ、眼精疲労に各成分が相乗効果 を発揮し、それぞれの症状を緩和します。ビタミンB12を配合しているため、ピリピリする神経の痛みにも効果的です。●関節の動きを助けるコンドロイチン:コンドロイチン硫酸エステル ナトリウムが関節の軟骨部分に弾力性や保湿性を与え、スムーズな 動きを助けて、関節の痛みや違和感をやわらげます。●ビタミンB1、B12が、筋肉・神経系に作用:ビタミンB1誘導体とビ タミンB12が筋肉の疲労、神経の働きを助け、傷ついた末梢神経を 修復、疲れを癒して痛みを緩和します。●疲れた体にビタミンB2:体内のエネルギー産生を助けます。ビタミ ンB1と協力して脂質、タンパク質、炭水化物をエネルギーに変換する際に必要な栄養 素で、疲れた体にすぐれた効果をもたらします。●血管系に作用するビタミンE:抗酸化作用により血管の老化を防ぎ、血液の流れを良く し末梢血管の血行障害を改善、神経や筋肉に酸素と栄養を届けるのを助け、つらい症状 や疲れをほぐしてくれます。【内容量】240錠【使用上の注意】■相談すること1.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください〔関係部位:症状〕消化器:吐き気・嘔吐2.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください軟便、下痢 3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,歯科医師,薬剤師または登録販売者にご相談ください【成分・分量】(9錠中)ベンフォチアミン(ビタミンB1誘導体) 138.3mgコハク酸d-α-トコフェロール(ビタミンE) 100.0mgリボフラビン酪酸エステル(ビタミンB2) 12.0mgシアノコバラミン(ビタミンB12) 60.0μgコンドロイチン硫酸エステルナトリウム 800.0mg (添加物)塩酸グルコサミン、D-マンニトール、セルロース、ステアリン酸Mg、 その他3成分(成分に関連する注意)*本剤の服用により尿が黄色くなることがありますが、リボフラビン酪酸エステル (ビタミンB2)によるものですから心配ありません。*本剤は淡黄色の素錠で淡赤色〜赤色の斑点があります。この斑点は有効成分のシ アノコバラミン(ビタミンB12)によるものです。【効能・効果】次の諸症状の緩和:神経痛、筋肉痛・関節痛(腰痛、肩こり、五十肩など)、手足の のしびれ、便秘、眼精疲労 脚気「ただし、これらの症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合 は、医師又は薬剤師に相談すること。」次の場合のビタミンB1の補給:肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時 【用法・用量】次の1回量を1日3回朝昼晩服用してください。[年齢:1回量:1日服用回数]成人(15歳以上):2~3錠:3回11歳以上15歳未満:1~2錠:3回11歳未満:服用しないで下さい。(用法関連注意) 本剤は、用法・用量を厳守してください。 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。【保管及び取り扱い上の注意】 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。 小児の手の届かない所に保管してください。 他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わる) 使用期限(外箱・ラベルに記載)を過ぎた製品は服用しないでください。 なお、使用期限内であっても、一度開封した後はなるべく早くご使用ください。 湿気により、変色など品質に影響を与える場合がありますので、下記の事にご 注意ください。○服用のつどキャップをよくしめてください。○ぬれた手で錠剤に触れたり、水滴などを誤ってビンに入 れないでください。○開封後は、湿気を含むおそれがありますので、ビンの中 の上部にある透明な詰め物を捨ててください。(輸送時、 錠剤の破損を防止するために入れてあります) 【お問い合わせ先】会社名:内外薬品株式会社住所:富山県富山市三番町3-10 問い合わせ先:お客様相談窓口電話:1076(421)5531受付時間:9:00〜

【税抜き価格】2,980円

ページ上へ